ワキガを再手術で完治する事ができるのか?

ワキガを再手術で完治する事ができるのでしょうか?ところでどうして再び手術をしなくてはと思うのかが不思議ですよね?その理由についてもしっかりと調べてみました。さらに再び手術をして完治する事ができるのかも調べてみました。



ワキガの手術は失敗するの?

よくワキガの手術や再手術の話は耳にしますよね。現代の医学なのに再手術の必要性があるなんて、ワキガの手術ってそんなに難しいものなのでしょうか?だとしたらいったいどんな手術方法があるのかを調べてみました。

ワキガの手術の代表的なのは組織除去法や吸引法などですが、剪除法という代表的なワキガの手術で説明をしてみると、脇の下に切り込みを入れて皮膚をひっくり返し、はさみなどを使ってエクリン腺やアポクリン腺を丁寧に除去します。

すると汗腺が全部ではありませんが除去する事ができるので、汗が出ない!汗が出ないという事はつまりワキガにならないという単純明快な手術の方法なのです。

ところが、エクリン腺やアポクリン腺というのを目視しながら切除していく手術なので、完全に取りきれるという事がありません。だから手術後にワキガが治っていないと感じてしまう人が多いのだと言われているのです。



なぜ再手術が必要だと感じるのか?

不思議な事に、病院などで聞いてみるとワキガの手術を受けた人の半分が「まだ臭うから再手術してほしい」と訴えてくるのだそうです。これはどうしてなのでしょうか?

これについてもちゃんとに理由があって、完全にアポクリン腺が取り除けていなかったからワキガの臭いがするというわけです。でも本当に再手術をして完全に臭いがしなくなるなんて事があるのでしょうか?



本当にワキガの臭いなのか疑問な事も

ワキガの臭いに敏感になっている気持ちはわかりますが、実際に手術をしても臭いが気になるから再手術をしたいという人は、もしかしたらワキガの臭いではなく他の部分が臭っているのかもしれません。

実は再手術を申し出る人に多いのが、ワキガの臭いとは違うのにワキガだと勘違いをしているという事なのだそうです。だから再手術をする前に本当にワキガなのかをテストするのだそうですよ!

それが嫌ならば自分でもっと身体を丁寧にケアする事をおすすめします。例えば食べ物に気をつけるとかですよね。肉や乳製品やお菓子が大好きという人は体臭が濃くなる傾向にあります。

なので食べ物に気をつけたりお酢を毎日おおさじ1杯飲むなどをしてみるといいですよね。さらにデオドラント石鹸を使って全身を(アポクリン腺は脇の下、乳首周辺、陰部にある)丁寧に洗い、完全に石鹸を洗い流しましょう。

その後でワキガ専用の制汗クリームなどを塗ってお手入れをしてみてください。毎日続けていればもしかしたら再手術をしなくてもワキガの臭いが消えてしまったと感じるかもしれませんよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ