ワキガの体質の割合が低い日本だからこそ目立つ?

ワキガの体質の割合が低い日本だからこそ目立つというのは確かにあるかもしれませんね。考えてみたら海外では一般的な体質なのでしょう。少しでも早くこの臭いを何とかしたい!そう思うなら自分にできる事をコツコツと続けていきましょう。



日本人にはワキガの人が少ない?

日本人の多くは海外での暮らしをした事がありませんよね。だからでしょうか?海外の人はワキガで臭いというイメージが強いようです。確かにワキガというか体臭が強い人が多いのは事実でしょうが、消臭は徹底している人の方が多いので、ワキガの臭いがするという人にはほとんど合わないそうです。

ですが確かに日本人の割合からすると、欧米の方がワキガ率は高いというのは本当です。

ところで日本人のワキガの率は低いというのも事実ですが、全くいないわけではないのでたまにものすごく臭い人に出会う事はありますよね?アメリカなどではほとんど出会わないのに……

つまり、ワキガの臭いがする人というのは割合に関係なく、デオドラントがうまくないという事になってしまうのかもしれません。



割合が低いからこそ目立ちます

消臭をしっかりとしていないと目立つのは当然です。他の人はしっかりとワキガや体臭の管理ができているのに、ワキガの人ができないわけがありませんよね。

でもできないという人は毎日の手入れの方法をしっかりと改善するべきです。その方法をご紹介いたしましょう。



食べ物の改善をする

そもそも日本人は肉食文化ではなくてどちらかというと野菜などを中心とした食生活でした。ところが欧米化した食生活でワキガの体質の人の体臭が強くなっていったのだと言われています。

つまりワキガで悩んでいる人の多くが、肉が好き!チーズなどの乳製品が好き!お菓子が大好き!といったように欧米化した食生活をしているのです。なので野菜や果物の量を多くするとワキガか少し改善されるのだそうです。



脇の下のお手入れをしっかりとやる

お風呂に入るときにはデオドラントタイプの石鹸を使って丁寧に、しかも肌に傷をつけないようにして洗います。そして完璧に石鹸の成分を洗い流してください。

風呂あがりにはよくタオルで拭いて乾燥させ、ワキガ専用の制汗剤などを使って汗が出てくるのを防いだり、雑菌が繁殖してしまわないように殺菌したりします。専用の製品なので少量で効果を発揮してくれるのもいいですね。



病院を利用する

どの方法も治し方といっても臭いを取ったり雑菌を殺すという治し方なので、根本的な解決ができない事も考えられます。そういう時には最終手段として病院を利用するといいでしょう。

手術をして治療をすれば、数ヶ月~数年間はワキガの臭いに悩まされずに済むからです。ただし手術で完全に治るのかというとそうではないので、できれば毎日のケアで何とかする方法を考えた方がいいでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ