ワキガにはハッカ油の入ったスプレーが効く?

ワキガにはハッカ油の入ったスプレーが効くって本当なのでしょうか?確かにスーッとしてミントの成分が効果的なように感じますよね。そこで本当に効果があるのか?作り方はどのようにすればいいのかについてを調べてみました。



ワキガの臭いを消す方法が知りたい!

男性でも女性でもワキガの臭いって嫌ですよね。いくら好きな人でもワキガの臭いがしたらそれだけで100年の恋も覚めてしまいます。でも自分がもしもワキガだったら死んでしまいたいと思うほどの悩みになっている可能性だってあるのです。

これまでいろいろな治し方でワキガと戦ってきたという人でも、まだまだ諦めずにワキガの改善ができる方法を考えてみましょう。今回はいい匂いの代表的な存在でもあるハッカ油を使ったワキガケアのお話です。



mハッカ油ってどんなものなの?

ハッカ油というのはもともとはハーブとして使われているものですよね。でも日本でも昔からさまざまな製品に使われている医薬品だったのです。

ハッカ油の主成分はメントールというスーッとする成分で、販売されているのは結晶である事が多いように感じます。

ハッカ油は天然のハッカのものもありますが、最近では合成されたハッカも多く出回っているようですね。これらのハッカは身体などにつけるとメントールの働きで、冷たいと感じるために熱取りシートなどに使われる事が多いのだそうです。

あとはお菓子などの材料に使われる事が多いですよね。ちなみにハッカ油を使ったワキガの治し方ってどんなものなのかを説明したいと思います。



ハッカ油をワキガの治療に使うには?

ハッカ油はミントスプレーとして使います。ミョウバン水などにハッカ油を混ぜる事によって、夏の暑い時などには清涼感をアップし、さらに臭いを防いでくれるので人気がある治し方ですよね。

作り方は簡単で、ミョウバン水の原液を30倍に薄めたものにハッカ油を入れて混ぜればできあがりです。これを持ち歩いて汗の臭いが気になってきたなと思ったらシュッとスプレーすればいいのです。

効果の方はスーッとした冷たさと消臭効果によって冷たく感じるのとで気持ちがいいと感じるはずです。ただし目に入ったらとんでもなく痛いので注意してくださいね。

それともう一つはコットンなどにスプレーをしてから脇の下を拭いてください。そうした方がワキガの匂いが気にならずに済みます。



朝晩のお手入れは別にすること!

ミントスプレーを作っただけで脇の下のケアができるとは言えません。なので毎日のお手入れはしっかりと行います。

石鹸はデオドラントタイプを使って、風呂あがりにはワキガ専用の制汗剤や除菌クリームなどをしっかりと塗ってケアしてください。そして外出をする時にハッカ油で作ったミントスプレーを持ち歩くといいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ