ワキガも軽度の場合は簡単に治るものなの?

ワキガも軽度の場合は簡単に治るものなのか?そもそも度合いによって治し方が簡単だとか、難しいだとかってあるものなのでしょうか?もしもそれが本当のことならば、どうする事が重要な事なのかを調べたのでわかりやすく説明します。



ワキガは人によって度合いが違う

ワキガの度合いは一般的に軽度から重度までのレベルがあると言われていて、それぞれの度合いでワキガの状態や臭いの有無、強弱などについてが分かれているものなのです。

当然ですが軽度のワキガの場合は重度のワキガよりも臭いも軽いので、治療をしようと思ったら簡単に治るものだと思われる事でしょう。

ところで、本当に軽度のワキガだと言われている方は、治そうと思ったら簡単に治ってしまうものなのでしょうか?だとしたら、それはどんな治し方なのかについてを調べてみました。



軽度のワキガだと思ったら違う事も

自分がワキガだという事を認識している人は意外と少ないもので、軽度だと思っていたのに実際にはかなりひどい状態だったという事はよくある事なのです。

つまり軽度だから重度だからといっても、治療をする事はそれほど簡単な事ではないという事になるのです。

ただし、手術など医療で治す治し方の場合は、軽度の方が費用が安く済むという事はあるかもしれません。なぜならば、ワキガの手術は軽度の方が保険適応のもので済むからです。



軽度のワキガの診断は病院で!

ところで自分が軽度のワキガか重度のワキガかどうかについてですが、病院を受診した方がより確実にわかりやすいと言えるのではないでしょうか。

そしてどんな方法で治していくのかをしっかりと相談しながら決めていくしかありません。ではいろいろな治し方を見てみましょう。



手術での治療方法

手術を使った軽度のワキガの治療法ですが、一番手軽にできるのがボトックス注射で、ボツリヌス菌を注射する事によって、汗の分泌をする神経伝達物質の働きを阻害します。

すると汗をかく事がなくなるのでワキガの臭いともしばらくの間はさよならできるというわけですね。ただし半年~1年後にはワキガが復活します。他にも組織除去法や吸引法などもあるので保険適応の範囲内で受けるといいでしょう。



毎日のお手入れをしっかりと行う

手術は失敗する可能性がゼロとは言えません。ですが毎日のお手入れは自分でできますし、効果の方も自分でコントロールする事が可能ですよね。

例えばお風呂に入ったら脇の下をデオドラント石鹸で洗い、しっかりと洗い流して乾燥させて制汗剤や制汗クリームなど専用のものを使いましょう。これを毎日行う事でワキガは改善していくものなのです。

実はこの方法は軽度のワキガから重度のワキガのケアとしても有効なので、できたらこの方法を試してから手術などを考えてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ