もしも娘がワキガになってしまったらどうするの?

わきが体質はある日突然起こるものではありません。これは遺伝的要素が非常に強いものなのです! もしも自分の娘にもワキガが遺伝してしまったとしたら、親としてはどんな事をしてあげればいいのでしょうか? その悩みの解決をお手伝いします!



ワキガはとても遺伝しやすい体質です

ワキガは遺伝的要素が大変強いもので、誰かから感染してしまうというものではありません。それにその遺伝の力はすさまじく、両親がワキガ体質だった場合にはおよそ75%が遺伝すると言われていて、もしも片親がワキガ体質だった場合でも50%が遺伝すると言われているのです。

しかも残念な事に男女にかかわらず遺伝してしまうので、親としては特に娘に遺伝させてしまったら、相当ショックでしょうし申訳ない気持ちでいっぱいになる事でしょう。もしも娘にワキガ体質が遺伝してしまったらどうすればいいのでしょうか?



思春期になった頃から悩みだす事が多い

子供の頃にはワキガなどあまり気にしていなかったとしても、思春期になる頃には自分の臭いに気づく方もいるといいますよね。特に集団生活をしているので臭いでいじめられたりする事もあるかもしれません。

友達などに「臭い」と言われた事を、親に相談してくれればいいですが、この頃の女の子はとてもデリケートなので相談もろくにできない事もあるかもしれません。なのでできたらワキガの治し方を自然に覚えるよう仕向けてみてはいかがでしょうか。



ワキガ対策を子供のころからしっかり教える

習慣というのは一度身につけたら忘れるものではなく、やらなくては気が済まないものとなるので、ワキガの治し方を小さなころから実践してみてはどうでしょうか。

例えばお風呂に入ったらわきの下とデリケートゾーンのお手入れは、ワキガ専用の石鹸を使って行うとか、お風呂上りには専用のクリームなどを塗る癖をつけるというのもいいでしょう。でも思春期になった臭いで悩んでいる場合には、最終的な治し方として手術をする事も検討されてみてもいいでしょう。



食生活を見直してあげる

相手は娘ですから恋愛だってしたい年頃でしょう。そんな時におすすめなのが食生活の改善です。食生活の改善をする事でワキガの臭いを軽減させることができるのです。肉や魚中心だった生活を改めて、できるだけ野菜をしっかりと食べると言った治し方をしてみるといいでしょう。

そして最終的にどうしても臭いが気になって仕方が無い場合には、メスを使わないで治療をする治し方でもある「ビューホット」「ウルセラドライ」そしてこの二つの治療を一度に行う「ペアドライ」などを受けてみてもいいかもしれません。どんな方法であるにしても娘がワキガで悩まないようにお手入れする方法をしっかりと教えてあげる事が必要なのです!

そのためにも正しい知識を娘と一緒に勉強していく事も必要なのではないでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ