もしも自分の嫁がワキガだったらどうするべきなの?

体臭がひどくても他人なら問題はないかもしれませんが、もしもそれが嫁だったらどうしますか? もしかしたら夫婦生活にも亀裂が生じてしまうかも? それよりも周囲の目も気になります。だったら二人で解決するといいかもしれません。



嫁がワキガだと気づいたらどうすればいい?

結婚をする前の段階で気づく方もいるかもしれませんが、多くの場合は相手に嫌われないように必死になるものなので、結婚するまでワキガだと気づけないケースも多いはずです。例えばデートの時は家を出る前に入浴をしたり、制汗剤などをしっかりとしているものです。だからわかりにくいのですね。

ところが結婚後は常に一緒にいる事になります。ストレスを感じたり疲れが蓄積したりすると、臭いは強くなったりするものなので、その時に臭いに気づくケースもあるものなのでしょう。もちろん本人が気づいていないケースもあるかもしれません。

そんな時にはどうすればいいのでしょうか? 悩みどころですよね。



気づいたら嫁に話して解決策を!

臭いに気づいた段階で夫は悩むはずです。悩んでいるのなら嫁と話し合いをして、ワキガに気づいていなければさり気なく話す事も必要でしょう。その理由はやはり、一生付き合っていかなくてはならないからです。

はっきりと「臭い!」とか「ワキガだ!」などと言っては逆効果なので、体臭がきつい事をさりげなく伝えて、二人でワキガの治し方を実践してみるといいでしょう。今の時代はいろいろな治し方があるので、その中から効果的な方法を探すといいでしょう。



専用のグッズを使って臭いを改善する!

ワキガの治し方の中で、もっとも手軽にできるのがワキガ専用のグッズを使った方法です。おすすめなのはラポマインやクリアネオなどですね。これらのクリームやローションは専用に作られているものなので、普段のお手入れなどに使うと効果的に臭いを軽減してくれます。

石鹸もワキガ専用の物を使うといいかもしれません。殺菌作用のあるタイプの石鹸は特におすすめです。入浴する時は湯船に入って老廃物を出しやすくするといいでしょう。それでも強烈なにおいをする時には最終的な手段として手術をするのもいいでしょう。



手術は2つのタイプがある!

根本的に解決するためにも手術をする事も検討していいでしょう。切開をして外科的な手術をする事もいいでしょう。もしも専業主婦であるならば外科的な手術をして、アポクリン汗腺を切除する手術もいいかもしれません。

ですがアポクリン汗腺が再生する可能性もあるので、個人的にはメスを使わない方法もおすすめですん。たとえばペアドライなどはメスを使わずにワキガの原因のアポクリン汗腺を破壊する事ができます。再生したとしても再手術も容易にできるでしょう。

どの方法で治療をするかは個人の差ですが、よく嫁と話し合いをして二人で解決策を考えた方がいいでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ