子供がワキガかも?こんなときどうすればいい?

子供がワキガかもしれないと思った事はありませんか?もしもそうだったら、もしかしたら学校などでもいじめにあってしまうかもしれません。そうならないようにするためにもしっかりとした予防や対策を取る必要があります。どうすればいいのかを学びましょう。



子供はとても残酷で繊細です

子供は小さい頃は多少人と違っていても差別や区別をする事はありませんが、大きくなるにつれて個人差が出てくるものです。

しかもワキガというのは親がワキガの場合は片方の遺伝で約50%、両親で約80%以上が遺伝してしまう嫌な劣性遺伝です。

なので子供が成長するにつれて臭いが強くなっていくと考えられます。なのでいじめなどが起こらないようにするためにもワキガを治してあげる必要があるでしょう。



子供のワキガの治し方は?

子供のワキガの治し方は大人のワキガの治し方と同じで、ボトックス注射をする事もできるでしょうし、他の手術をして治療をする事もできるかもしれません。

子供が手術を受けるのにはとても勇気がいるものなのかもしれませんが、きちんと説明していれば子供が恐怖を抱く事は無いはずです。

病院でも子供のワキガの治療をする事は可能です。子供だから大人だからと治療に差があるわけではありません。それに子供の場合は手術などの方が良い事も多いです。

それでも成長の過程にあるため、ホルモンなどのバランスが心配な事もあるでしょう。そういう場合には市販されているワキガの製品を試してみるのもいいかもしれません。



ワキガ専用の製品とは?

手術をして体に負担をかけたりするよりも、子供に自分でケアをする事を覚えさせる方が、より確実にワキガの臭いをコントロールできるようになるはずです。

そのためには臭いを予防するための方法を子供にしっかりと教えてあげるべきなのです。

お勧めのワキガ対策のグッズは「クリアネオ」「ラポマイン」「ノアンデ」などがいいかもしれません。朝塗るだけでほぼ1日臭いが改善されます。

もちろんその他にも雑菌が増えないように清潔にする方法などを教えてあげてもいいでしょう。石鹸を変えてみるというのも効果的な治し方、予防に繋がるのではないでしょうか。



子供の心を守ってあげるためにも!

ワキガが遺伝性のもので本人も悩んでいるという事を、他の子供たちが理解できるとは限りません。そのため臭いが元でいじめにあう事だってあるのです。

大事な我が子が理解のないいじめにあったりしないようにするためにも、しっかりとしたワキガのケアを教えてあげるべきです。

その方法が手術であってもワキガ対策グッズでも構わないので、できるだけ迅速に対応してあげるようにしてあげましょう。

特に年頃になってくると精神的にも辛い事が多くなってきますので、できるだけ早く対応してあげるといいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ