授乳後に赤ちゃんの口からワキガの臭いがするのはなぜ?

可愛い我が子に授乳をしたら赤ちゃんの口からワキガの臭いがするなんて事ありませんか!? もしこれが本当だったらお母さんは相当ショックだと思うのです! いったいどうしてこんな事が起こってしまうのかを詳しく調べてみました。



赤ちゃんの口からワキガの臭い!?

世の中には嘘みたいな本当の話がいくつでもあるものですよね。ところで、赤ちゃんに授乳した後で口からワキガみたいな臭いがすると感じたお母さんがいるみたいですが、赤ちゃんってこんな臭いしたっけ? とつい思ってしまうのには理由があるのです。今回は赤ちゃんの口からワキガの臭いがするのはどうしてなのか? そして治し方についてをご紹介したいと思います。



赤ちゃんの口が臭うのではなくお母さんが臭う!

授乳後に赤ちゃんの口からワキガに臭いが漂ってきたらショックですよね。もしかしたら私の赤ちゃんは口がワキガなの? と不安になると思いますが、実は赤ちゃんがワキガなのではなくて、お母さんがワキガの可能性が非常に高いと言えます。

もしかしたら赤ちゃんに授乳をしようとすると、赤ちゃんがなかなか乳首に吸い付いてくれないなんて事はありませんか? その理由についてを説明していきましょう。



お母さんの乳首がワキガ臭い!

授乳後に赤ちゃんの口からワキガの臭いがするというのであれば、ほぼ100%これが原因だと言えるのではないでしょうか。通常ワキガの臭いを放つ原因でもある汗を出すのは、アポクリン汗腺という汗腺なのですが、実はお母さんの乳首の周辺にアポクリン汗腺があるのです。

そこからワキガの強烈な臭いが出るので、赤ちゃんの口からワキガの臭いがしているように感じるのでしょう。



授乳する時に清潔にしていない

もしも自分がワキガであるという自覚があるのであれば、授乳の時に乳首や乳首周辺をキレイに消毒してから授乳をするはずですが、もしかしたら焦っていて消毒を怠ってしまったからなのかもしれませんね。赤ちゃんが口に含んだ時に口周辺にお母さんのワキガの臭いがついてしまうわけです。



赤ちゃんが授乳を嫌がったら危険!

授乳する時に赤ちゃんがおっぱいを飲むのを嫌がったら危険なサインです。赤ちゃんだって鼻があるのですから、臭いのは嫌なのです! もしも赤ちゃんが授乳をするのを嫌がったら、しっかりと洗浄をしてから飲ませてあげる、簡単な治し方を実践する事が重要です。

そうすれば授乳後に赤ちゃんの口からワキガの臭いが漂ってくるなんて事は起こりにくくなるかもしれません。もちろんお母さんがワキガの臭いがでないようにする事も重要です。自分にもできる治し方を探してみてもいいでしょう。

手術をしなくても改善する治し方はいくつもあるものです。まずはできる事から始めて、何よりも続ける事が大事だという事を忘れずにいましょう。それでも臭いが改善しないならば、最終手段で手術を考えてみてもいいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ