ワキガと老化には切っても切れない関係がある?

体臭が強い人はよく年を取ったら臭いが少なくなるなどと言うようですが、その話は本当の事なのでしょうか? もしかしたらそれはとんでもない考え違いかもしれません。そこで今回はワキガと老化についての関係についてを調べてみようと思います。



ワキガと老化には深い関係がある?

老化は誰にでも等しく起こるものですよね。そしてよく加齢とともに独特の臭いがするようになるという話があるのを聞いた事があるはずです。果たして老化と臭いにはどのような関係があるのでしょうか? そして老化とワキガの臭いにどんな関係があるのかを調べてみました。

よくワキガで悩む子供に対して、親が「年を取っていけばワキガの臭いも落ち着く」などという事があるようですが、その話は本当の事なのでしょうか? だとしたら何を根拠にそのような事を言うのでしょうか? まずは老化と臭いについてのお話をしていきましょう。



老化と臭いには密接な関係がある

人は老化と共に臭いが強くなるというのは本当の事なのだそうです。例えば年を取ると唾液の分泌が少なくなってしまうため、口臭がひどくなると言われています。これは事実のようです。唾液があるから口臭が臭わなくなるという原理は、下水管に水がたっぷりある時には臭わないのと似た感じでしょうか。

そして老化と共に肺や心臓などの機能低下が起こり、体内にあるアンモニアなどの成分をろ過しにくくなってしまうのだそうです。そうすると血液の中にアンモニアなどの臭いの成分が残りやすくなり、汗と共に流れ出てくるため、お年寄りが汗をかくとアンモニア臭を感じるようになるのだとか……。

 

ワキガの臭いも同じ事が言える?

体内からアンモニアなどの成分が汗として出てくるという事は、ワキガの臭いをひどくする可能性は十分に考えられるかもしれません。ですがワキガだけではなく体臭の治し方によっては、この臭いを少しでも改善する事はできるかもしれません。

それは普段から食べる食べ物に気を付けるという事です! これは実はワキガの治し方にも共通していると言われています。ではワキガなど体臭を改善する事ができるいくつかの治し方をご紹介いたしましょう。



体臭を改善する事ができる食べ物

まずは動物性たんぱく質を食べるのを控える事、それと乳製品はよくないと言われていますが、乳酸菌などは逆にいいそうです。あとはオリゴ糖を含んでいるアスパラガスやゴボウ、はちみつに大豆に大豆製品もいいようです。

さらにごぼうは食物繊維をたっぷりと含んでいますし、オリゴ糖も補給できていいですね。はちみつを使ってきんぴらごぼうなどはいいかもしれません。このようにワキガや体臭の治し方をいくつか組み合わせる事によって、嫌な老化による加齢臭やワキガの臭いを改善できるので、あきらめずに頑張ってみるといいですね。

もちろん石鹸や入浴の方法などもうまく組み合わせて、無理のない改善を試みてみるといいかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ