ワキガの臭いを和らげる方法と緑茶の効果について

わきの下の強烈な臭いで周囲の人に迷惑をかけている事を、気づいていて迷惑をかけまいとする方もいるかもしれませんが、ワキガの嫌な臭いに緑茶が効果的だという事を知っているでしょうか。それが事実かどうかをお話したいと思います。



まずは緑茶の成分を知ろう!

緑茶は私たち日本人にとって、もっとも馴染みのある飲み物であり食べ物でもあります。その緑茶の成分は他のお茶には含まれていないものがとても多くあると言われているのです。まず何がワキガにいいのかもそうですが、緑茶の成分についてを簡単に説明しましょう。

緑茶にはカテキンやビタミン、クロロフィルといった成分が含まれています。他にもテアニンやサポニンといった成分が含まれているのですが、この中でカテキンという成分に注目があつまっているのをご存知の方もいると思います。そうです、カテキンは消臭効果が抜群に良い成分なのです。



カテキンは消臭抗菌効果が期待できる

カテキンと言う成分は抗酸化作用が含まれているだけでなく、脂肪を分解する力があると言われ注目がとても高い健康食品なのです。今CMなどでも脂肪燃焼効率が高くなるとして、特定保健飲料にもなっています。

そして実は緑茶のポリフェノールと言う成分が、ワキガの臭いを消臭してくれる働きがあるのだそうです。では具体的に緑茶を使ったワキガの治し方についてを簡単に説明していきましょう。というか治し方という事ではなくて、臭いを改善するという効果があるという事になります。



一番茶は飲んで残りはワキガ対策に!

緑茶は乾燥している状態です。そしてそこにお湯を注ぐと一番最初に抽出されるのはポリフェノールではありません。なので一番茶は美味しくいただき、二番茶以降のお茶を使ってわきの下や陰部などを丁寧に洗います。

ガーゼなどに茶殻を入れて、煮出したお茶に浸して臭いが気になる部分にパッティングをするといいかもしれません。その方がせっかくの成分を無駄にせずに済みます。ちなみにとても高い殺菌作用があるので、肌の調子が悪いという方にもおすすめの方法です。



お茶は急須で入れて使います!

たまに緑茶だったらなんだっていいだろうとペットボトルに入ったものを使おうとする人がいますが、あくまでも二番茶や三番茶に含まれている成分が有効なのです。なのでワキガの治し方として緑茶を使いたいのなら急須を使いましょう。

しかもガーゼに茶殻を包んで使うとより効果的なので、そういう意味からも急須を使ってお茶を入れるようにしてください。ペットボトルの緑茶も確かにいいのかもしれませんが、欲しい成分や茶殻パックの効果を実感したいなら急須です。



根本的な治療はペアドライがおすすめ

臭いを予防する事はできても根本的な治し方であるとは言えません。なので、しっかりと治療をするためには病院やクリニックなどでペアドライを受けるのがおすすめです。メスを使わない方法なのでおすすめです。再発した場合でも再手術がしやすいからです。

ちなみにワキガの手術では再発はよくある事です。何度も手術をしてようやくアポクリン汗腺が破壊できると思った方がいいでしょう。でも確実に治す事はできるはずですよ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ