ワキガに効果的なクリームとは?

ワキガには色んなグッズがあります。

個々に合わせて対処法や改善策を考えるのも、思い切って手術に踏みきり、きちんとした治療を受けていくつかの中から治し方を選ぶのも良いでしょう。

しかし、ワキガの本格的な治療には自由診療が多いので、まとまったお金が必要なのです。

そこで、自分で出来る範囲のケアをする選択肢をする人も多いはずです。

その一つにクリームがあります。クリームといっても普通の美容のクリームとは異なります。ワキガ専用のクリームですが、その効能と効果の程をご紹介していきます。



1.ワキガ用クリーム

ワキガの対策の一つに、スプレー以上の効果があると言われているクリームタイプがあります。

デオドラント剤のクリームタイプと言えば想像がつきますか。この効果について説明します。



2.ワキガ対策クリーム3つの効果

クリームはワキに直接塗るので、スプレーより効き目があると言われています。ワキガ対策クリームには、殺菌効果、制汗効果、消臭効果の3種類があります。



①殺菌効果

ワキガは、細菌が繁殖することでキツイ臭いが増長されやすいと言われています。

クリームの成分には細菌の数を減少させるミョウバンなどの成分が含まれているので、殺菌効果と同時に消臭効果も期待できます。



②制汗効果 

ワキガの原因はアポクリン汗腺というところから分泌される汗と細菌の繁殖です。

脇にあるアポクリン腺から汗が分泌され、それを細菌が分解して、酸化することによってワキガ臭が発生します。

また、皮脂の分泌でワキガ臭が強くなることもあり、ワキガ対策のクリームには汗や皮脂の分泌を抑える効果が欠かせません。

クリームの成分としては、植物エキスや海藻エキスなども含まれており、保湿効果があります。

肌が乾燥すると余分な汗や脂質の分泌が始まり、肌に潤いを与えようとします。それが臭いの原因になります。保湿された肌の場合は、汗や皮脂が抑えられるので、同時にワキガも抑制されるということです。



③消臭効果

クリームにはミョウバンや緑茶などの成分が使用されています。殺菌作用を高めるために効果があるためです。柿渋エキスの消臭効果は、お者に含まれるカテキンの25倍と言われています。

クリームは、携帯に便利で、スプレーよりも効果の持続するので、朝塗れば一日保つクリームもあります。



3.ワキガクリームの選び方

ワキガクリームは、色々な商品があって迷うと思います。

しかし、個人差でワキガにも個性があるので、それを把握して自分にあった商品を選ぶことが必要です。



4.ワキガクリームを選ぶポイント

無香料/殺菌力/制汗力/保湿力/肌に優しい(無添加)/持ち運びやすいデザイン。

以上の6点を押さえておけば、自分にあったワキガ用のクリームに出会うことが出来るでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ