ワキガは体質?湯船で改善ができるって本当?

ワキガの臭いを何とかしたい! でもこれは遺伝的な体質なので改善は難しいと言われています。でも清潔にすれば臭いも減るというのは本当です! そこで湯船に入ってしっかりとお手入れをしてみましょう! きっと臭いも少なくなってくるはずです。



湯船につかるとどうなるのか?

湯船につかる事によって毛穴が開き、そこから老廃物が出やすくなるのです。これはどなたが試してみても同じ効果を得る事ができます。だからできればワキガ体質の方は、毎日シャワーだけで済まそうなどと思わずに、しっかりと老廃物を出したいのなら、シャワーはやめてしっかりと湯船を使って半身浴をする治し方などをしてみるといいでしょう。

もちろんただ湯船につかるだけでワキガが治せるのかというとそうではありません。どうすればいいのかというと、しっかりとわきの下などの老廃物を取り除けるような入浴の仕方をする事が必要です。そこでワキガに効果的な入浴の方法と治し方をご紹介していきましょう。



入浴する時にはわきの下をよくもみほぐす!

ワキガの臭いが強烈になるのは、わきの下の毛穴に老廃物がたまり、それを分解する時の臭いがワキガの強烈な臭いを強くしているとも言えます。なので湯船につかって毛穴を開いた時に、わきの下をしっかりともみほぐすといいと言います。どうしてかというとわきの下の毛穴を刺激して、老廃物を外に排出しやすくしてあげるわけです。

ちなみに入浴をする時には、湯船の中にミョウバン水などを入れると消臭ができて効果的にワキガの臭いを軽減させることができるといいいます。ミョウバン水を入浴剤変わりに使う時は、湯船半分のお湯にミョウバン水を50ccいれるだけです。



ミョウバン水の作り方

ミョウバン水は1リットル~2リットルの水に焼きミョウバンを50g溶かすだけです。それを入浴剤として使う時にはキャップ3~5を入浴する時に溶かして入れます。ミョウバンスプレーとして使うのならばそれを10倍~20倍に薄めたものを使います。

できればミョウバンが溶けるまで1日おくといいかもしれません。



毛穴を開いた後のお手入れの方法

湯船につかってわきの下をもみほぐした後は、良く泡立てた石鹸の泡を使ってやはりもみほぐすようにして洗い、泡をパックのように使って身体の他の部分を洗い、わきの下をしっかりとお湯で洗い流します。絶対に石鹸を残さない事も重要です。

ワキガの治し方は色々とありますが、入浴の時に最適な洗い方をするのはとても重要な事です。もちろん毎日湯船につかってしっかりと洗い流す事ができる人ならいいでしょうが、忙しくて普段はシャワーだけという方もいるでしょう。そういう場合には週に何回でもいいので回数を決めて入浴してもいいでしょう。

当然ですが、入浴以外でも自分に最適な治し方があるものです。入浴の後のお手入れをしっかりと行う事も忘れずにしましょう! 毎日のお手入れで臭いは軽減できるものなのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ