ワキガ対策には重曹が効く!?その方法と効果について

ワキガにはミョウバン水がいいとかいいますけれど、重曹を使うという手もあると言いますよね。ところでどんな効果があるものなのかを知らないという方もいるかもしれません。そこでどんな働きがあるのかを調べてみる事にしました。



重曹はワキガの治療に役立つの?

よくミョウバン水はワキガにとても効果があると言われているようですが、同じような感じで重曹は効果があるのかどうかが気になるという方もいる事でしょう。ところで重曹っていったい何のために使うもので、ワキガの人が使うとどんな効果を得る事ができるものなのでしょうか?

簡単に説明すると、重曹というのは炭酸水素ナトリウムといって、最近流行している炭酸水の元になっている重炭酸ソーダの事を言います。クエン酸と水と合わせると炭酸水になるというあれですよね。血行が良くなると言われているので炭酸水を使って頭皮をマッサージしたり、洗顔をしたりするといいと言います。

ところでそんな重曹が果たして本当にワキガに効果を発揮してくれるものなのかが気になるので調べてみました。



重曹がワキガに効くという根拠について

重曹は弱アルカリ性の性質を持っているようです。重曹を水に溶かしてそれを気になる部分に塗ったり、拭き取ったりする事で確かに消臭効果を得る事ができると言われているのですが、ミョウバン水とは違って確実に臭いを軽減できるというものではないようです。

もちろんわきの下などが酸性になっている場合には、弱アルカリ性である重曹の水を使うのは良い方法なのかもしれません。ですが実際に重曹の水が効果を発揮しているのかどうかというのは、使い続けてみないとわからないのが本当のところのようです。



だったら専門の石鹸やクリームを使った方が得かも?

もしもミョウバン水を使っていて効果を感じないと思ったら、重曹水を使う事で臭いを軽減できるかもしれませんが、使い分けるのも作るのも意外と面倒なものなのです。そこで提案するとすれば重曹水を使うよりも専用の石鹸を使った治し方をした方がいいかもしれないという事です。

それにミョウバン水と重曹水を混ぜてしまうような事があれば、肌を傷つけてしまうかもしれませんし、効果が半減してしまう事だってあるでしょう。だったら食生活を改善する治し方や、運動をして老廃物をためこまないという治し方、さらに最終的には手術などを検討する事もいいかもしれません。

どの治し方でワキガを改善しようとしても、最終的にはその方法で臭いが軽減できる、もしくは臭いが消える方がお得なわけです。この事から重曹水は確実にワキガに効くという事ではなく、あくまでも効果が無いわけではないという程度に覚えておくといいかもしれません。

どうしても天然素材で試してみたいという場合には、作り置きをせずにすぐに使える程度の量をつくるといいでしょう。そうすれば古いものを使わずに済むはずです。ただし肌が弱い方にはやはり専用の製品を使う事をおすすめします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ