ワキガの予防にベビーパウダーを使うとどうなるのか?

これからの季節、大量の汗が出る事が予想される多汗症の方の中には、臭いが気になって仕方が無いという方もいらっしゃるでしょう。悩むところですが、ベビーパウダーが良いって聞いた事ありませんか? ワキガは改善するかどうかをお話しします。
        


ベビーパウダーってどんな働きがあるの?

まずはワキガに効果があると考えられている、ベビーパウダーについてをお話ししましょう。そもそもベビーパウダーがどうして汗を抑えて臭いを抑えると思ったのかはわかりませんが、基本的にベビーパウダーというのは赤ちゃんの肌を守るために利用されるもので、赤ちゃんのお尻のムレを抑えて肌をサラサラにする働きがあると言われています。

ちなみにベビーパウダーの成分はコーンスターチやタルクという鉱物で作られているものがあり、こそれを肌につける事によって汗などの水分を吸収し、肌表面をサラサラにする事ができると言われているのです。この効果がワキガに効くと考えられた理由でしょう。



ベビーパウダーは逆効果という説

赤ちゃんにとってベビーパウダーの効果は高いと言えるかもしれませんが、それはあくまでも一般的な汗ばむ程度の水分の場合だと思った方がいいでしょう。特別に医薬的な効果があるものではありませんから、多汗症の方やワキガで悩んでいる方にはあまり効果を得られないと考えられます。

しかもベビーパウダーを塗る時には、肌が渇いている状態である必要があります。多汗症の方の場合は乾いている状態が少ないため、濡れた肌にベビーパウダーを塗る事になるかもしれません。すると毛穴に詰まってしまい余計に臭いが酷くなる方もいるというのです。



ワキガの人は専用のグッズを使う方がいい

以上の事からワキガの体質の方は、ベビーパウダーを使う治し方をするのではなくて、ワキガ専用のグッズを使った治し方の方がいいと言えるのではないでしょうか。もちろんパウダーの水分の吸収効果はとても良いものなので、ワキガグッズとうまく組み合わせて使うといいかもしれません。

また肌トラブルには十分に気を付けて、普段のお手入れに使う石鹸や食生活の改善などにも気を配ってみてはいかがでしょうか。臭いがあまりにも気になるという場合には、クリニックなどを利用する事も考えてみてはいかがでしょうか。



傷が残らない手術がおすすめ!

アポクリン汗腺の切除をするために外科的な手術を受けるというのも確かにいいかもしれませんが、手術の後、普通に生活ができるようになるまでが大変だと言います。それに完全の除去できていない場合には、再生する可能性も捨てきれません。

再発の可能性が避けられないのであれば、再治療を受けやすいペアドライがおすすめです。痛みも傷もほとんど気にならず、再発しても治療がしやすく費用が抑えられるのでおすすめできます。多くの方が実際に良かったと話す治し方なので、どうしてもすっきりとできる治し方をしたい方におすすめです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ