ワキガの原因「アポクリン腺」とは?

ワキガの原因「アポクリン腺」とはいったいどんなものなのかご存知でしょうか?どうしてこのアポクリン腺が臭いになってしまうのか?そのメカニズムや対処法、そして治し方などについてを調べて詳しく説明しています。



アポクリン腺とワキガの関係

私達人間の脇の下には、通常はエクリン腺という汗腺があり、その汗腺から汗を出して体温の調節が行えるようになっているのをご存知でしょうか?

実は一般的な脇の下の汗腺というのはエクリン腺という汗腺の方が多いのですが、ワキガの体質の方はエクリン腺の他にアポクリン腺という汗腺もたくさん持っているのです。

そしてこれはワキガととても密接な関係があると言われているのは事実です。ではこのアポクリン腺という汗腺がどのようなもので、ワキガとどんな関係があるのかを説明したいと思います。


アポクリン腺というのはワキガの人にある汗腺の一つで、普通の汗腺であるエクリン腺からは99%の水分と1%の塩分や脂質などが分泌され、それが外気に触れる事で体温を下げようとするわけです。

一般的にエクリン腺から出る汗というのはほとんど臭いませんが、アポクリン腺からは違う成分の汗が出てくるのです。

例えば「タンパク質」「脂質」「糖質」「アンモニア」「鉄」などが混ざった白いドロっとした汗で、この汗をバクテリアが分解する事であの独特の臭いが出てくるわけです。



アポクリン腺からはフェロモンも出る

アポクリン腺から出てくる分泌液は汗だけではありません。実はアポクリン腺からはフェロモンも分泌される事がわかっています。

つまりワキガの程度にもよりますがワキガの人というのは、フェロモンが分泌されているので男性でも女性でも異性にはとてもよくモテると言われているのです。クレオパトラや楊貴妃がその良い例だと言われていますね。



ワキガの程度は個人差

ワキガは人によってはとても良い臭いに感じる事もあるのはクレオパトラや楊貴妃の例でもわかりますが、あまりにもワキガが重度だと臭くてモテるどころではありませんよね。

そこでワキガの度合いによって、自分にピッタリの治し方を実践する事をおおすすめいたします。

どうして間違ってはいけないのかというと、アポクリン腺の量や毛穴の大きさによって症状の出方が違うからです。

例えば軽度の人ならば軽度の人にピッタリの治し方をする事をお勧めします。最終的に手術をするにしても、重度なのに軽度の手術を受けたのでは効果が無いからです。

できるだけ自分の症状の出方にあった治し方でワキガの臭いを改善し、前向きな生活ができるようにしてみるといいかもしれませんね。

ちなみに軽度の場合だとデオドラント石鹸を使ったり、制汗剤を使うだけでもだいぶ効果が実感できるので頑張って治療をしていきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ