ワキガ手術に保険は効くのか?

ワキガの治療及び手術には保険適用のものと保険適用外のものがあります。保険適用外のものを自由診療と言いますが、通常美容整形などがその類に含まれます。

現在では、ワキガの治療法も手術法もさまざまあるので、医師やカウンセリングでよく相談して、納得した上で何かしらの処置を行うと良いでしょう。



1.ワキガ保険適応基準

今でも主流のワキガ治療として、脇の下のシワに沿って皮膚を切開して、アポクリン腺を除去する手術する治し方があります。

この手術は、保険適用であれば両脇5万円程、また自由診療で両脇20万円~30万円程の料金で出来ます。

この手術は保険適用でも適用外でも比較的安いので、今でも受けている人が多いということです。



2.ワキガ手術が保険適応



①保険診療が可能なこと

保険適用診療を行っている病院やクリニックであることが前提です。

また、保険診療も行っているけれど、ワキガについては美容要素が高くや採算性などの理由から保険適用を認めないところもあります。

最近ではクリニックの集患手段の1つとして、保険適用の手術を行う美容クリニックが増加傾向にあります。



②その症状を医師が保険適応と認めること

診察したドクターの判断一つで保険適用か否かが決定されます。

ドクターの主観が基準となってしまうので、Aクリニックでは「この程度なら保険適応にならない」と判断されても、Bクリニックでは「これは保険適応でいいですよ」ということもあります。



3.具体的な判断方法

心理的な誘導というと言葉が悪いですが、一般的な判断方法として、脇に数分はさんだガーゼを ドクターがニオイを嗅いで「ワキガ臭」なのか判断します。

ドクターの一人の判断ではなく、病院やクリニックのスタッフにも臭いを嗅いでもらい判断しているところもあります。

また、患者さん自身や家族にも一緒に来てもらって、ワキのニオイを嗅いでもらうことをススメているクリニックもあり、これは、自己臭恐怖症への対策です。

それは、ドクター側だけの判断になると信じない人もいるからです。



4.判断基準の曖昧さ

ガーゼで臭いを嗅がせて「ワキガ」かどうかを判断するのは、どちらにしても曖昧すぎますね。人により臭い方も違うでしょうし、その時の患者の体調などでも臭いは変わってくることでしょう。

一人でも多くの治療や手術をして欲しいと思えば、そちらの方にいくらでも誘導できるのが病院です。手術を奨められて断れる患者さんがどの程度いるかという問題です。

血液検査のように、臭いが数値で見えるのであれば違うでしょうが、人が判断するというのは、余りにも曖昧すぎると思われます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ