ワキガとフェロモンの関係性について

ワキガとフェロモンには何か関係があると思いますか?あまり関係がなさそうに感じますが、実は昔から魅力的な歴史的人物と臭いは密接な関係があるものです。でも臭いが強烈なのにどうしてなのでしょうか?その理由を説明いたします。



歴史的な人物はワキガだった説

あまりにも有名ですが、クレオパトラは体から芳しい臭いを放っていて、その臭いが男性たちを魅了したのだと言われていますね。

現代の技術で作られている香水とは違って、昔はフレグランスというものがあまりなく、あるとしたら香油くらいだったと言われています。

つまり体臭がいい匂いだったという事は、何かしらの強い臭いがあったからだと言われていて、実はその臭いの元がワキガではなかったのかと言われているのをご存知でしょうか?

実は絶世の美女だと言われているもう一人の美女の楊貴妃も、実はワキガの臭いがあったから男性を魅了する事ができたのだと言われているのです。



ワキガとフェロモンの関係

そもそもワキガの人というのはアポクリン腺からの汗に、バクテリアが反応して増殖する時に臭いを発するから刺激臭がするというのが原理です。

でもこのアポクリン腺からは汗だけが出てくるのではありません。実は他にもフェロモンを発していると言われているのです。

これは哺乳類にはよくみられる事で、繁殖期が近づいてくると少しずつフェロモンを分泌して異性を引き寄せるという働きをするのです。



度合いに問題がある?

ワキガとフェロモンの関係については簡単ながら説明しましたが、実はフェロモンとして魅力的だと感じてもらえるのは軽度の場合に限られていると言ってもいいでしょう。

ほんのりと漂う体臭がエキゾチックな印象をあたえるため、男性でも女性でもモテモテの状態になると考えられています。

つまりあまりに重度のワキガだと臭いがきつすぎて「あの人は臭い」という印象になってしまうものなのです。そうなるとフェロモンが出ていても魅力が半減してしまうわけです。



分泌を抑える事も必要です

フェロモンとワキガの関係がわかりましたね。ですが程度にもよりますので重度のワキガを魅力的な軽度にする治し方を実践する事をおすすめします。

方法は意外と簡単で、まずはデオドラント石鹸を使って脇の下の雑菌を丁寧に取り去ります。そしてその後で制汗剤でしっかりとケアしましょう。

そうする事でワキガのきつい臭いも芳しい香りになるかもしれません。ですが重度の場合はこの治し方では治らない事もあるでしょう。

その場合には手術を検討してみるというのも一つの手段ではないかと思えるといいかもしれません。後は動物性脂肪をあまりたくさん取らない方が魅力を際立たせるかもしれません。

その理由はワキガのひどい臭いを軽減して、ハーブのような爽やかな香りになると言われているからです。しかも臭いが薄くなればフレグランスを楽しめるようにもなります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ