ワキガで学校行きたくない!だったら早く対策をすべき!

10代は多感な年頃ですよね。例えばそれまで気づけなかったとしても、人とちょっと違ってくるといじめの対象なってしまったりするものなのです。もしも自分の子供が学校行きたくない! というのであればワキガを疑ってもいいかもしれませんよ!



ワキガは子供に遺伝します

ワキガ体質の方で、多感な思春期の頃に臭いで悩んだという方は結構いるのではないでしょうか。自分だけ強烈な臭いがするという事を自覚した時、親を相当恨んだり相当悩んだりしたのではないでしょうか。実はワキガというのは子供に非常に遺伝しやすいものなのです。

両親がワキガの場合には75%が遺伝すると言われていて、片親でも50%が遺伝すると言われているほど遺伝率が高いものなのです。別にワキガ体質だって問題ないはずなのですが、悲しい事に日本人はあまりワキガ体質の方はいないため、思春期の子供だといじめの対象になったり、自分の臭いが気になって学校行きたくないと考える子もいるのです。



自分がワキガで子供が不登校だったら疑うべき!

もしも自分たち両親がワキガ体質だったり、片親がワキガ体質だった場合で子供が学校行きたくないと思うのならば、それはもしかしたらワキガで悩んでいる可能性が高いので、子供に正直に話をしてもらってみてはどうでしょうか。

親からの遺伝で悩んだ事を子供に伝え、一緒に解決する方法や治し方などを相談し、その子に合ったワキガの治し方を確立していく必要がありますよね。そこでいくつか簡単にできるワキガの治し方をご紹介していきますので、子供と一緒に真剣に取り組んでみてはどうでしょうか。



ワキガの臭いを軽減する方法

思春期の子供だからお肉や魚の方が大事かもしれませんが、お肉や魚などの動物性たんぱく質や脂質、それに牛乳などの乳製品は、ワキガの臭いをさらにひどくしてしまう可能性があります。なのでできれば野菜を中心にした食生活に改善してみてはどうでしょうか。

さらに毎日の入浴の時に使う石鹸を、専用のものにするなどをしてもいいですね。お風呂上りには専用のクリームなどを使ってもいいでしょう。ミョウバン水にレモンを絞って使っても効果的に臭いを改善する事ができるといいます。



どうしても臭いが気になって仕方が無いのなら手術も!

手術と言うとすごく物々しく感じるかもしれませんが、最近のワキガの手術はとても簡単にできるものです。例えばペアドライなどはアポクリン汗腺を破壊するという画期的な方法なので、痛みをあまり感じないで治療ができるのでおすすめです。

ただし手術をする場合にはわきの下だけではなく、性器の周辺や乳首の周辺やおへそ周辺なども一緒に手術をする事を検討するといいでしょう。なぜならば他の部分のアポクリン汗腺を破壊すると、他の部分にたくさんにおいの元が出てくる可能性があるからです。

十分に気を付けて手術を受けるようにした方がいいでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ