ワキガが遺伝する確率はどのくらいあるのか?

ワキガが遺伝する確率がどのくらいなのかご存知でしょうか?最近では男性よりも女性の方がワキガの臭いをなんとかしたいと思っている事が多いようですが、自分では気づきにくいのでわかりやすく説明してみる事にしました。



ワキガの原因は本当は多くない?

実はワキガの根本的な原因はそれほど多くはありません。簡単に説明すればワキガの本当の原因は単純に「体質」だからワキガになってしまうわけです。

そしてその「体質」を作り出すのが「遺伝」であるという、まさに単純明快な原因で他の事は全て、臭いが出るきっかけでしかないのです。

そこで遺伝とワキガの体質についての関係をご紹介いたしましょう。



片親かそれとも両親かで確立は変わる

ワキガの体質になるのは遺伝が強く関係しているのは事実ですが、ワキガの体質になるのかならないのかの遺伝の確率については人によって違ってくるのがおもしろいと思いませんか?

例えば片親の場合と両親がワキガの場合とでは確率がかなり違ってきます。片親がワキガだった場合の遺伝の確率は50%と意外と多い事がわかりますが、これが両親ともにワキガだった場合には、80%という高い確率で遺伝します。

つまりワキガというのは劣性遺伝でさらに遺伝率がかなり高いというわけです。



家族がワキガの人は自分もだと自覚する

よく、家族間でも自分は違うはずだと思い込んでいる人がいますが、自分の臭いなんてハッキリ言って気づける人の方が少ないと思った方がいいでしょう。

なのでもしも片親もしくは両親がワキガの場合には、確率は関係なく100%自分も強烈な臭いがしているはずだと思った方がいいでしょう。

ちなみにワキガを発症するキッカケとなる原因は人それぞれですので、それに気を使う事でワキガの臭いを改善する事は十分に可能です。

・強いストレス
・動物性脂肪
・手入れ不足
・妊娠
・出産
・生理
・恋愛



改善や予防する事は可能

簡単ではありませんが、これらのキッカケとなる原因を改善していけば、ワキガの臭いを最低限に抑える事ができるのは事実です。

もしもすでに自分がワキガだと気づいていて、キッカケとなる原因がわかった人は自分に合った治し方を探して実践してみましょう。

ちなみに自分に合った治し方をしないとワキガの臭いが強烈になる事もあるので十分に気をつけて治し方を探してください。



毎日清潔に保つ事

まずは毎日お風呂に入った時に、脇の下や陰部などワキガの臭いが強く現れる部分を丁寧に洗いましょう。石鹸はデオドラントタイプのものを使うのがいいですね。

乾燥させて制汗剤など雑菌が増えるのを抑えます。この時ワキガ専用のクリームなどを使うようにするといいでしょう。そうすることでワキガの臭いの発生を抑える事ができるはずです。

もしも、手術をして改善したいと考えているのであれば、病院に言って詳しく話を聞くなどをして納得してから手術をするといいでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ