ワキガ手術で起こりうる後遺症

一般的には“ワキガ”は正式名称は「腋臭症(えきしゅうしょう)」と言います。ワキガの症状が現れるのは、脇毛が生えてくる思春期頃です。

感受性の強いナイーブな時期に、ワキガだとわかったら本人にとってはかなりのショックでしょう。

ワキガ治療の中でも最も効果が高いのは手術での治し方が一番ですが、後遺症の可能性は全くゼロとは言えません。

しかし、現在では医療も進歩していて、わきを切開しなくても一度で完治させてしまう治しかたがあるので、高額ですが有効だと思われます。



1.セルフケアの改善法

通常は思春期を境にしてワキガの症状が現れる子どもが多かったのですが、食べ物や発育のよいからか、早期に症状が出る子もいます。それがいじめに発展するなどの問題もあるようです。

しかし、親がワキガを持っている場合には、子供にもワキガの可能性があるのですから、親も気をつけてあげる必要があります。

早く発見してあげれば、改善する方法もあるというものです。身体を清潔に保つ、外出先でのケアの仕方、病院での早期治療などが行えます。



2.自己臭症の増加

自分がワキガではないのに「ワキガ」と思い込んでしまって、悩んでしまう人が増えているそうです。

このようにワキガに関する情報が多く流れていては、気になります。半分ノイローゼと言っても良いでしょう。

余りにも深く悩んでしまうようなら、皮膚科ではなく、心療内科に受診するようにしましょう。



3.おススメの“ワキガ治療”の方法

ワキガの治療に「剪除法(せんじょほう)」と呼ばれる手術があります。

切開して、医師の手で全てのアポクリン腺を除去する方法ですので、成功すれば再発率も低く抑えられ、治療の効果も高いものがあります。

しかし、脇のシワに沿って切開するといっても傷跡が残るという意味では、後遺症の可能性は否定できません。

事前に説明は受けると思いますが、比較的昔からの手術法なので失敗例が少ないということと、金額も安く済むので受ける患者さんが後を立たないのも事実です。

ここで、治し方として定着していることは確かでしょう。



4.生活や食事の改善

手術や治療も良い治し方ですが、軽いワキガであれば手術まで踏み切ることはないのかもしれません。というのも、生活習慣の乱れや食生活の乱れが、ワキガに影響している事もあります。

規則正しい生活を送ることにより適度な運動や質の良い睡眠が摂ることができます。多汗などがワキガの原因なので自律神経を整えることで、体調も良好になり良い影響を与えます。

また、食生活も野菜や果物、魚を中心としたものを食べることにより、動物性の皮脂分を多く取らずに済むので、体臭としてもかなりの改善が見込めます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ