すそわきがの治療法【超音波メス】編

すそわきがの治療法【超音波メス】は唯一治療効果が高いと言われているものですが、どのような方法で手術をするのかがわかりにくいので、できるだけ簡単にどんな治療をするものなのかをわかりやすく説明したいと思います。



すそわきがの治療について

できることなら手術などをしないで治療がしたいと思うものですが、すそわきがというのは女性にとってはかなり致命的ともいえる体質なので、できるだけ早急に対応したいものですよね。

もしかしたらすそわきがで悩んではいるけれど、手術などをせずに何とかしたいと思っているかもしれませんが、すそわきがの治療法としては超音波メスを使った手術が唯一の治療法だとしたらやるしかありませんよね。

ところで超音波メスによる手術はどんな手術なのでしょうか?簡単に説明いたします。



超音波メスによるすそわきがの手術

すそわきがの超音波メスを使った治し方は、多くの患者さんが「やってよかった」と回答するといいますが、メリットも大きければデメリットももあるようです。

簡単に超音波メスを使った手術を説明すると、陰部の毛の生えている部分の上端の左右に小さな切り込みを入れて、そこから超音波メスを入れてアポクリン汗腺を切除していきます。

そして切り取ったアポクリン汗腺を機械なおで吸引してしまえば終わりです。ではメリットとデメリットを見てみましょう。



超音波メス手術によるメリット

メリットは失敗さえしなければ確実にすそわきがを治す事が可能であるという点です。

費用の方も切開をして皮下組織を切除するのとは違って費用がやすく済むという点で、高い治療効果があるという評判の割に費用があまりかからないので人気があるというわけです。



1.小見出し

メリットじゃ確かにありますが、当然デメリットだって確実にあります。

簡単にデメリットを説明すると、手術は多かれ少なかれ皮膚に傷をつける事になります。特に超音波メスを使った手術ではアポクリン汗腺を完全に取りきれない場合もあるのです。

そうなったらすそわきがの手術をしても再び臭いで悩む事になってしまいます。またすそわきがの超音波メスによる手術は有効な治し方だと言えるのですが、手術後につらい思いをする事は覚悟し無くてはならないでしょう。

手術後の血がとどまらないようにするためのタイオーバーは、数日間行うので自由がきかないという事や痛みを伴う事にもなり、さらにその間はシャワーすら浴びられないというデメリットがあるのです。



よく考慮してから始めるべきです

どんな治し方にも良い点や悪い点は存在しています。なのですそわきがを治療したいと本気で羽毛のならば、どんな治療法にもメリットとデメリットがあるという事を頭に入れておくといいですね。

その中で自分にふさわしい方法で治療を選択するといいでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ