すそわきがの病院での治療法

デリッケートゾーンや性器の臭いがきついと感じた方、それは「すそわきが」というものです。

そのニオイの原因はアポクリン腺という汗腺からの分泌物と細菌とが入り混じった結果、細菌が繁殖して、嫌なニオイの原因となるのです。

自分ではなかなか気づかないことも多いのですが、自分が使用したトイレ後の臭いは気になります。

もし、すそわきがならどうにかして、治療して治したいと思います。

まして、恋人や好きな人が居る場合は、特に治したいと思うはずです。

そこで、すそわきが原因と自分でできる治し方や治療法をご紹介していきます。



1.すそわきがの原因とは

アポクリン腺の分泌する場所は脇の下だけでなく、デリケートゾーンや性器にも存在しています。

元々ワキガの自覚症状がある方の多くは、デリケートゾーンや性器などにもアポクリン腺の活動が活発な傾向にあると思って間違いありません。



2.ニオイの元「アポクリン腺」

アポクリン腺から出てくる汗に雑菌が混じることにより、嫌な臭いを放つようになります。

汗腺の働きが活発な方でも、雑菌の繁殖にさえ気をつけていれば、ワキガの臭いがしないということです。

また、デリケート部分や性器についても同様のことが言えますが、常に乾燥させたりというのが難しい部分であり、どちらかといえばアポクリン腺の活動が盛んで細菌の好む湿度の高い状態と言えます。

特に汗をかきやすい季節やスポーツ後などは、出来ることならばシャワーを浴びて清潔に保ちたいところです。



3.すそわきが治療方法

ワキガ用石鹸やデオドランドなど、臭いを抑える商品は数多く存在しますが、それでも治らない場合には、美容外科にて治療を受ければいろいろな治し方が可能です。

専門のクリニックでは切開せずに、感染に特殊な光線を当てるだけで、汗腺の働きを抑えることができるようになりました。

以前ですと、切開して汗腺を抑える手術が主流で手術代も安くて良かったのですが、再発しやすいことや、他のVから臭いがでてきた、手術痕が残ってしまった等の問題点も多かったようです。



4.手術方法

それに比べて、現在では感染に光線を当てるだけという簡単な手法に変わってきましたし、手術痕も残ることはありません。

金額的には、両脇ワキ30万~45万と高めですが、デリケートゾーンも同じような金額だと思っていれば間違いないでしょう。

ただし、完治に近い状態ということで、完全ではないということも念頭に置いておくと良いでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ