すそわきがに効果的な石鹸とは?

すそわきがは、「腋臭症(えきしゅうしょう)」と呼ばれています。

病気ではなく、体質的なもので、陰部のアポクリン汗腺から出る汗と皮脂腺から分泌される脂肪酸が結びつきます。

それを皮膚の表面の細菌が分解するときに臭いを発します。

この臭いを断つためには入浴の際に専用の石鹸を使用し、適切なケアをして陰部を清潔に保つことにより、自分に合ったより良い治し方を探すことです。

陰部を清潔に保つための正しい洗い方を説明致します。



1.すそわきが用の石鹸

デリケートゾーンには、善玉菌と悪玉菌の2つの常在菌というのがあります。

臭いの元は悪玉菌でアンモニアやインドール(排便後の臭い成分)や低級脂肪酸(悪臭の脂肪酸)などの嫌な臭いを発生させます。

すそわきがの人の陰部は悪玉菌が増殖するようになっていて、臭いを軽減するためには善玉菌を増やして上げる必要があります。

悪玉菌はアルカリ性の環境を好み、善玉菌は弱酸性の環境を好みます。

それから考えた場合は、弱酸性の刺激の少ない石鹸を使用することで、悪玉菌の繁殖を抑えることができ、善玉菌を増やすことが可能になります。



2.すそわきがの洗い方の注意点

すそわきがは強い臭いを放ちますが、その臭いを消そうと力強くゴシゴシと洗うのはよくありません。

陰部の皮膚は刺激に弱く、また女性の場合は粘膜等があるので炎症を起こすことがあり、肌を守る善玉菌を減らしてしまう可能性もあります。

シャワーだけでも80%の善玉菌が流され、湯船に浸かることで90%の善玉菌を失い、残りの10%が24時間かけて元の善玉菌の数に増やすのですが、ナイロンタオルなどで、ゴシゴシ洗ってしまうと善玉菌が全く無くなってしまうこともあります。

また、アルカリ性の石鹸やボディソープを使用すれば、善玉菌のほとんどが洗い流されてしまうでしょう。

陰部周辺だけでなく、膣内の洗い過ぎもよくありません。

膣内にも善玉菌は存在しているので、必要以上に洗うことで、汚れだけでなく善玉菌まで洗い流してしまい、膣内に細菌が繁殖しやすい状態となり、すそわきがの臭いを悪化させる原因となります。



3.デリケートゾーンの正しい洗い方

陰部は泡立てネットを使用してたっぷりと泡を立てるようにします。石鹸はデリケートゾーン専用の石鹸を使い泡で洗うように優しく前方から後方に向かって洗っていきます。

垢が取れにくい場所は指の腹を使ってしっかりと汚れを落としましょう。陰部を清潔に保つために必要なケアですので、適当に行わずに丁寧にしっかりと洗うことを心がけてください。

すそわきがの原因が明確なのに、適切な治し方がないのは残念ですが、自分でできる限りのことはするように気をつけて過ごしたいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ