すそわきがの臭いの原因と治し方

人間の身体には無数の汗腺があり、そこから汗が出るようになっています。

その汗腺はエクリン腺というのですが、わきがやすそわきががある人は、その他にアポクリン腺という汗腺を持っています。

この汗腺は脇の下や乳首、陰部にあり、独特の臭いを発します。これがすそわきがの臭いの元であり、治し方も検討することができます。



1.すそわきがは特に臭い

すそわきがは陰部のわきがなので、排泄する部分でもあり、常に下着を身につけていることから蒸れやすい環境になっています。

特に女性の場合は、生理の他にもおりものなどがあるので、余計臭いが混ざり合い、生臭く感じたり、チーズのような臭いがする人もいます。

しかし、全てのすそわきがが臭いわけではなく、臭いの感じ方は人それぞれなので、異性によっ
てはフェロモン的な意味を持つ場合もあります。

従って、治す必要があるのか検討する余地はあることでしょう。



2.自分ですそわきがか確かめるには

自分で自分の陰部の臭いを嗅ぐのは難しいでしょうから、どうしても確認したい人は下着で確認してみると良いでしょう。

しかし、自分のすそわきがの臭いに慣れてしまっている場合は、自覚するのは難しいかもしれません。

また、恋人など異性に聞いてみるのも勇気がいりますが、もし、それがすそわきがであれば、勇気をもって聞いてみて治し方を調べることも必要かもしれません。



3.すそわきがではない可能性も

デリケートゾーンが臭いからといって、すそわきがと決めつけてしまうのは早計かもしれません。

女性は心身ともに複雑にですので、実際には疲労やストレスによって膣内の自浄作用が弱まっているために、おりものがいつもより臭うこともあります。

また、おりもの専用シートを使用していても汚れたシートをそのままにしておけば雑菌が繁殖し、臭いの原因ともなります。



4.すそわきがの臭いは雑菌を抑えることで改善

汗自体に臭いはありませんが、しばらくして汗が雑菌と混ざり合うことで嫌な臭いを発します。

身体のあらゆる部位により汗臭さが異なるのは、そこに生息する雑菌の種類が違うためです。

入浴時には、デリケートゾーン専用の石鹸で洗うと「すそわきが」の臭いを抑えることができます。

わきがの臭いは「コリネバクテリウム属」という細菌で汗を好み、この菌と混ざり合うことでわきがやすそわきがの臭いが発生されると言われています。

汗を放置しておくのが一番してはいけないことで、汗をかいたら清潔なタオルで拭き取る、もしくはシャワーで洗い流すなどのケアを怠らなければ、すそわきがの臭いも改善されるということです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ