すそわきが治療の電気凝固法の費用

すそわきがに対する術式はあくまでも治療であり、治し方ではありませんでした。

そのため、何回か病院やクリニックに行かなければならないという不自由さがありましたが、医学の進歩により、すそわきがの治し方もさまざまな術式が増えてきました。

今回はすそわきがの「電気凝固型」という治し方と費用面において見ていきます。



1.そもそもすそわきがの原因とは

脇の下や乳首及びおへそ周辺、デリケートゾーンに点在するアポクリン腺汗から分泌される汗と皮脂腺の皮脂に細菌が混ざり合うことで悪臭が発生します。

さらにワキ毛や陰毛を通じて広く拡散される。というニオイのメカニズムです。



2.「電気凝固法」の術式

従来の脱毛針より3~5ミリという長い針を長時間アポクリン汗腺に通電することにより、強い電圧を加えます。毛乳頭だけでなく、周囲のアポクリン汗腺まで破壊できる熱焼が可能になっています。

以前の脱毛針よりも長することにより、上部に絶縁体を設けることができ、皮膚への保護機能も加えました。

もともとは永久脱毛の方法として治療に使用されていましたが、近年ではわきが及びすそわきが治療にも効果が認められて、従来よりもはるかに長い通電時間と強い電圧、さらに深い刺入深度が可能にりました。

皮下約1ミリの絶縁部分は、ちょうど皮脂腺の開口部にあたるため、平均的な皮膚の厚さであれば、皮脂腺の破壊もある程度可能となっています。



3.「電気凝固法」の効果

永久脱毛を行うことにより、細菌の温床になる脇の下やデリケートゾーンやニオイを軽減します。

これだけでも、ある程度すそわきがの減少効果が期待できます。

専門の医療機関に相談し、試験切開で陰毛部にアポクリン腺が多量にあることを確認してから治療を考えてみてください。



4.「電気凝固法」のメリット/デメリット

「電気凝固法」のメリット…傷跡が残らない、治療当時から入浴や運動が可能です。

「電気凝固法」のデメリット…臭い軽減の治療が主となり、程度の重い場合は切開出術をすることになります。



5.「電気凝固法」の費用

「電気凝固法」すそワキガ用料金(病院により異なります。)
①Aクリニック 初回:108,000円 以降:54,000円

②Bクリニック 一回:194,400円 三回:518,400円 六回:771,200円

上記のように大きく金額も異なるので、自分が納得した上で治療を受けるためにも、まず、医師と相談し、納得してから行うようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ