すそわきがのボトックス治療の効果

わきがやすそわきがの治療の一つに「ボトックス注射」というものがあります。

この注射は汗を抑える効果があり、すそわきがの汗の量も少なくしてくれるので、大変効果があります。

まして、夏場の汗の書きやすい季節には助かります。

すそわきがは自分でケアをしても、完全な治し方ではないので、清潔に保っていても、それ以外の方法で常にケアを強いられます。

このことを考えても「ボトックス注射」で臭いが軽減効果があれば、治療したいと思いますね。



1.『ボトックス注射』

主に整形外科で行うボトックス注射というスソワキガの治療方法があります。

ボトックス注射は、汗を抑える効果のある「ボトックス」=ボツリヌス菌がつくるたんぱく質を注入することにより、スソワキガを原因を減少させる治し方です。

汗の量を抑えてスソワキガを軽減してくれます。しかも、ボトックス注射は短時間済むので忙しい人でも行えますし、日常生活にも支障がないようです。

ボトックス注射は永久的なスソワキガの治し方ではありませんが、1回の注射で約半年~1年間ほどの効果が持続がします。



2.すそわきがの臭い改善

ボトックスを直接外陰部に注射します。注射を打つ前にクリームの麻酔薬を使用するので、痛みを感じることなく治療できます。

ボトックス治療は、陰部から分泌される汗を抑えることができます。効果は個人差もありますが、平均して半年弱といわれています。

半年程、経過すると効果が減少してくるので、再度症状が出てきたら改めて治療をします。ボトックス治療のメリットは、1回の注射で効果が得られることです。

また、ボトックス治療の副作用としては、これも個人差がありますが、注射後に注射部位の赤み、腫れ、痛みなどがあります。



3.ボトックス治療の特徴

○治療時間が非常に短いことです。

○痛みがなく、特に肌を傷つけることがないことです。

○ボトックスを定期的に行うことでアポクリン汗腺とエクリン汗腺が徐々に萎縮するので、持続期間が延びたりします。



4.ボトックス治療後の注意点

●治療当日のみ、激しい運動など血液の流れを良くする行為は避けます。

●治療後数日間は、注射した部位に強い刺激を与えないように気をつけます。

●治療後、月経が2回終了するまでは妊娠を避けましょう。



5.ボトックス注射の効果的な治療の仕方

ワキガや多汗症の方が一番嫌な季節が夏です。6月頃の本格的に暑くなる季節前にボトックス注射を打つことで、最低でも9月までは汗の分泌を抑えることができます。

また、何回か使用しているとエクリン汗腺やアポクリン汗腺が小さくなって、半永久的に効果が得られる可能性があります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ