ボディーソープですそわきがを改善する方法

人間の体には2つの汗を出す汗腺があります。

単に汗をかくものと、汗の中にいくつかの成分が入っていて、時間が経つと嫌な臭いを発するものとがあります。

両者とも汗自体には臭いはありませんが、汗の中に含ませる成分を餌に増殖する雑菌があり、それが嫌な臭いを発する原因となります。

特に、後者の場合はわきが若しくはすそわきがと言われる種類のもので、現在では治療法も治し方も確立されていますが、なかなか病院に行ってまで治すにはお金もかかりますし、勇気がいるようです。

この2つの汗とボディーソープでのケアの仕方をご紹介いたします。



1.2つの汗腺の違い



・エクリン汗腺

エクリン汗腺は、全身にある汗腺で毛穴の数だけあると思ってもらって良いと思います。

ここから分泌される汗の成分はほとんど水分のみで、臭いはありません。

暑いや運動した時に出る汗がこの汗で、体内の温度が上昇した時に汗を分泌して身体を冷やす役割も持ちます。

また、緊張したりすると手のひらに汗をかくことがありますが、これを「精神性発汗」といいま
すが、この時の汗もエクリン汗腺から出る汗です。



・アポクリン汗腺

一方、アポクリン汗腺は、脇の下をはじめ、耳、乳首やおへその周辺、陰部・肛門周辺だけに点在する汗腺です。

アポクリン汗腺からの汗は、糖質や脂質、アンモニア、タンパク質などの成分を含み、粘り気があるのが特徴です。

この汗は栄養分が豊富で皮膚の常在菌が増殖しやすく、その菌が増殖すると発酵し、わきがの臭いを発生させます。

特に、陰部周辺のワキガのような臭いを放つことを「スソワキガ」と言います。日本では約1割ほどの人がワキガ体質で、悩んでいると言われています。

わきががある人は大抵すそわきがもあると考えられており、自分で気づいている人は余りいないようです。



2.陰部周辺を清潔に保つ

すそわきがを自分でケアするとすれば、陰部を清潔に保ち、汗をかいたら直ぐにシャワーを浴びる、デオドラントのスプレーやウェットティッシュなどで汗を拭き取るなどのケアが必要となります。

特に外出先では、シャワーは浴びることができないので、消臭剤を使用して対策をする方法を取ることが主となることでしょう。

また、トイレにウォシュレットがついているのならば、それも上手に活用することもお勧めです。



3.ボディーソープでケアする

ボディーソープにも色々種類がありますが、出来ることなら「わきが」や「すそわきが」専用のボディソープを使用するようにしましょう。

陰部には善玉菌と悪玉菌があるのですが、悪玉菌が増えると悪臭が増大するのは想像できるかと思います。

また、陰部を洗うときは、よく泡立てて手で洗うようにします。ボディタオルなどを使うと肌を傷つけてしまい、また善玉菌を全て洗い流してしまうことがあります。

それでなくとも、善玉菌はシャワーを浴びるだけで、80%流されてしまいます。浴槽に浸かると90%失われます。

残りの10%の善玉菌が24時間かけて通常の量に増やすので、善玉菌を死滅させるようなことは避けましょう。

自分でできるケアの一つであり、治療でも治し方でもありませんが、陰部を清潔に保つことは、すそわきがにとって大切ですので、常に清潔を心がけましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ