女性のすそわきがの臭いの原因と対処法

女性の体は複雑にできており、生理やおりもの、自浄作用の弱まりから膣内の細菌が繁殖して、臭いを発する場合もあります。

女性のすそわきががいろんな条件が重なって臭っているのであれば、すそわきがのケアも細やかな気配りが必要になるでしょう。

まして、治し方も対処の仕方もたくさんあるでしょうから、一つ一つ自分に合ったケアの仕方を探して治していきましょう。



1.女性のすそわきがの原因

すそわきがは陰部が臭う原因の一つですが、わきがの一種であり、脇の下の臭いが陰部に移ったと思えば間違いありません。

臭いの主原因はアポクリン腺という汗腺から分泌される汗が時間を追うごとにいろんな雑菌と交じり合うことで嫌な臭いを発生します。

この汗自体には臭いはありませんので、早期に拭いたり、シャワーで洗い流したりすることで、臭いはかなり抑えられます。



2.男性より女性の方が多い原因

アポクリン汗腺は、身体のいろんな場所に点在していますが、わきがとすそわきがを同時に併発したり、他の部位と重なって起こる場合もあります。

わきがは、女性の方が圧倒的に多いと言われていて、特に生理時や性行為の時に臭いが強くなるケースがあります。

このことからも女性にわきがやすそわきがの臭いで悩んでいる人は多いのではないでしょうか。



3.女性のすそわきが以外の原因



雑菌

尿やおりものなど自体に雑菌は含まれていなくても、デリケートゾーンは常に下着に覆われている状態です。

下着に付着した尿やおりもの、汗を栄養として雑菌が繁殖し臭いが発生します。この雑菌の繁殖を抑える方法はおりものシートをすることで、異なってきます。

また、生理中は特に高温多湿になるため雑菌が増えやすいの環境です。

現在は、ウォシュレットの着いたトイレも多く設置されている所もあるので、シャワーの代わりにウォシュレットで洗浄することも出来るので、少しは違うでしょう。



女性特有の病気

婦人科系の病気だと臭いが強くなるものもあります。通常より、ニオイが強く、おりものの色が違ったりしたときは要注意です。

例えば、子宮内膜炎、淋病(りんびょう)、子宮頸がん、細菌性膣炎(さいきんせいちつえん)などの可能性があります。

病気が判明すればそれに応じた治療法や治し方もありますので、婦人科に行くことをオススメいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ