すそわきがの自覚症状について

すそわきがでは自覚症状というものがあるのでしょうか? あれば人に不快な思いをさせる事はありませんよね。という事は気づきにくいという事になるのかもしれません。自分で臭いに気づけるようになるにはどのような事に気を付ければいいのかをお話しします。



すそわきがの人は自覚症状に乏しい?

すそわきがやわきがの人の近くにいると、「なんて臭いんだろう!」と思ってしまう方もいるかもしれませんね。そこで思うのが「自覚症状があるのだろうか?」という疑問ですが、確かにすそわきがやわきがというのは自覚症状がないケースが多いようです。

というか、もしかしたら気づいていてもそんなにひどくはないだろうと思っているのかもしれません。それはいったいどういう事なのかを簡単に説明しましょう。



小さいころからの臭いの慣れが原因

わきがは遺伝である事が多いため、ご両親や兄弟などもわきがである可能性は否定できません。すると小さいころからわきがの臭いの中で生活をしている事になるので、どうしても臭いに慣れてしまっていて、自分の臭いにも気づけない事が多いのだそうです。

もしかしたら自分もそうかもしれないと思っていても、他の家族にも言われないので「治さないと」と思うほどの自覚症状ではない可能性が高いのでしょう。



周囲の人にも言われないから自覚症状が無い

大親友で、何でも言い合う仲だったら「お前臭い!」などと言ってくれるかもしれませんが、他人というのは臭くてもあまりその人に面と向かって「臭います」とは言えないものですよね。だから自分がすそわきがやわきがだという自覚症状に乏しいのかもしれません。



自分で気づこう! 自覚症状教えます!

まず、家族全員がわきがやすそわきがの場合は、臭いには気づきにくいかもしれませんが、他の自覚症状があるので当てはめてみるといいかもしれません。



耳垢が湿っている

通常はわきが体質ではない場合には、耳垢掃除をすると乾燥した耳垢が出てくるものなのですが、すそわきがの方の場合には、ねっとりとした水分が多い耳垢が出てくるので、もしも耳垢がキャラメル上の色と質だった場合には、すそわきがを疑ってみてもいいでしょう。



多汗症である! 汗が染みになる

すそわきがやわきがの体質の方は、多汗症である事が多いと言われています。そして大量の汗をかいたあとで、服をみると黄色い汗シミになっている事が多いのだそうです。肌着はもちろんですがパンツなどの下着にも黄色いシミができるのでわかります。

他にもわきの下や陰部の毛が濃いという方も、わきが体質の方が多いと言われています。調べてみると意外とたくさんの自覚症状の認め方があるものですよね。当てはまる項目が多い人は、最適な治し方を実践してわきがと上手に付き合っていくといいでしょう。

ただし間違った治し方をするとひどくなってしまう事があるので、正しい治し方を実践するようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ