女性特有の生理とすそわきがの関係

すそわきがと性ホルモンは関係があり、生理前や生理中はホルモンのバランスが崩れるので、アポクリン汗腺が活発になり、臭いを発することがあります。

特に生理の経血自体も独特の臭いがしますので、これにすそわきがが合わされば悪臭この上ないでしょう。

それを改善するにも普段からの生活を見直したり、生理時の清潔を保持する必要があります。どのようにケアをすれば良いか説明していきます。



1.すそわきがの対策とは

アポクリン汗腺がすそわきがの臭いの元になるのですが、デリケートゾーン専用のウエットティッシュで汗や生理の着いた肌を拭うことで、かなりサッパリしますし、デオドラントスプレーで臭いを抑えられれば、一石二鳥です。すそわきがの臭いも普段からこの方法で対策できます。

生理中は特に臭いが気になりますので、ナプキンは3時間ほどで交換するのが理想でこまめにケアすることをオススメします。



2.生理中は特に衛生を保持する

生理は常に経血があります。それだけでも暑苦しくて悪臭がしますので、大変嫌になります。女性なら誰もが思うことでしょう。しかし、閉経するまでは生理は続きます。

デリケートゾーンは通常の状態でも下着で蒸れやすく深い極まりありませんが、そこに生理が加わることで、生理用のナプキンをしなければならないというのですから、余計蒸れた状態になることは想像がつきます。

特に夏場は汗をかきやすく、デリケートゾーンも例外ではありません。

すそわきがの臭いと生理の臭いを混在させない為にも、ナプキンは頻繁に交換してデリケートゾーンもウォシュレットを上手に活用しながら、常に清潔を保つように心がけましょう。



3.月経と臭いとすそわきがの因果関係

女性の体臭は、月経周期に合わせて微妙に変化するといわれています。

女性ホルモンの分泌に応じて変化しますが、月経前になると皮脂腺がいつもより刺激されて、皮脂がより多く分泌されます。

分泌される皮脂が多いと汗腺の出口が詰まり、皮脂腺の中の脂肪酸が酸化した状態になり、臭いがより強くなります。

ホルモンバランスが崩れることで、自律神経に影響をきたし、臭覚も敏感になったり、月経時は鈍感になったりといろいろと影響があります。

複雑な女性の体はホルモンのバランスが崩れやすく、すそわきがの臭いは変化していきますので、自分の体調の変化に合わせて臭いも変わることを覚えておきましょう。



4.まとめ

今のナプキンは良く出来ていて密着性が良いので、余計蒸れやすく菌が繁殖するには良い条件であることには違いありません。

ナプキン、下着、ストッキングやガードルなどを着用すれば、当然のことながら汗もかきやすく、蒸れた状態が続けば嫌な臭いもしてきます。

適切な治し方はありませんが、対策や改善の方法はありますのであきらめないようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ