すそわきがの臭いと体内からのアンモニア臭の関係

体内から分泌される汗には2種類あります。

そのうち一つはアポクリン汗腺というところから汗が出ると雑菌と混ざり合うことで臭いを放つすそわきがと、体調などの変化により通常は処理されるはずのアンモニアが、内蔵の機能低下のために血液中に流れることによるアンモニア臭を放つことがあります。

この両方の臭いが出るときは体調が優れないときや内蔵の機能低下、過度のアルコール摂取やストレスが原因で起こる場合があります。

アンモニア臭が無くならないうちは、すそわきがも匂いっていると考えて良いでしょう。

すそわきががどのような臭いを発するのか、そしてアンモニア臭はどうして発生するのかを説明していきます。

これを参考に治し方を考えていきましょう。



1.すそわきがの臭いとは

すそわきがの臭いの例えは、お酢や香辛料のようなすっぱい臭い、ネギや玉ネギのツンとした刺激臭、ネギや玉ネギのツンとした刺激臭、納豆のような臭い、ヨーグルトの腐った臭い、時間を置いた洗濯物の臭い、ゴボウのような湿った臭いなどと表現されることが多いようです。

どちらにしても、余り良い臭いでないことはわかります。

また個人差によって、全く臭い方が違うのも注目すべき点ですが、これは人にはそれぞれに体臭が違うように、すそわきがもその人がもともと持っている体臭の違いから臭い方が違うと考えれば納得がいくでしょう。



2.女性特有のすそわきがの原因

すそわきがは、医学的には「腋臭症(えきしゅうしょう)」と言われています。病名ではなく、名称ですね。

大抵の人はすそわきががある人は、わきがも同様の臭いを放つようですが、全ての人がそうではなく、そこに住みついている雑菌によって臭いも変わってくるようです。

しかし、すそわきがの場合は、女性の場合は特にですが、おりものや生理があります。

これらは単体でも独特の臭いを放つのですが、そこにすそわきがの臭いが加わるとチーズが腐ったような臭いという表現をする人もいます。

すそわきがに関しては画期的な治し方ができましたので、それで対処できます。



3.体内から出るアンモニア臭

女性が疲れや過度のストレスを抱えているとき、しんたいの代謝や内蔵の機能が低下する場合があります。

通常はアンモニア臭はしなくても、このような原因から汗や皮膚からアンモニア臭を生じることがあります。

体内でアンモニアを解毒できずに血液の中にアンモニア臭流れててしまうのが要因とされています。

また、ほかの要因としては、過度のアルコール摂取や便秘によりアンモニア臭が発せする場合があります。

この場合はデリケートゾーンを石鹸等でキレイに洗っていても、体内から発生するものなので、体内から出てくるものなので、アンモニア臭が無くならない限りすそわきがの臭いはなくなりません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ